映水BLOG

2019.12.21 / 人形制作

小さなお雛様のお顔をつくっています。昔ながらの伝統技術を守っています。

工房での雛人形制作の様子です。

いろいろな大きさのお顔をつくっています。

江戸時代の職人さんと同じ材料と技法を守っている数少ない工房です。

まん丸の雛人形のお顔です。とても小さなタイプのお顔です。

 

こんばんは!!今日の岡崎は、とても天気がいい一日で暖かく人形制作も順調でした。

工房での雛人形制作は、今は小刀を使う仕事をしています。

写真のお顔は、ガラスの目を入れて、一番初めの塗り仕事の「地塗り」が終わり、目、鼻、口を硬く練った胡粉で盛り上げて、その盛り上げた胡粉が乾いた後に小刀で鼻筋など全体を整えているところです。

このあとには中塗り、上塗りとまだまだ胡粉を塗り重ねていきますので、その都度、小刀で整えていく作業をしていきます。削りすぎてもいけませんし、削らなさ過ぎてもいけませんので、そのちょうどいいところがとても難しい作業です。

たくさんのお顔を同時に制作をしますが、一つ一つのお顔をなるべく均一に表現することも求められます。

本日は土曜日でした。たくさんのご来店、誠にありがとうございました。

いいお顔のお人形をお届けできるよう頑張ります。

登録タグ#

雛人形・五月人形・市松人形無料配達地域
(飾りつけもさせていただきます。)

お電話でご相談
0564-21-4543

10:00~19:00(無休)
5〜12月は、10:00~18:00(水曜定休)

メールでご相談

お人形に対するご質問や、ご注文方法など、
お気軽にお問合せください。

よくあるご質問

皆様から、よく頂戴するご質問を、
紹介いたします。

オーダー雛人形 木目込み雛人形 衣裳着雛人形 似顔お子様大将 五月人形 五月人形 鎧飾り 兜飾り ギャラリー お客様の声 人形師 映水 伝統工芸 店舗紹介(ショールーム) カタログ請求 三代目 映水BLOG