映水BLOG

2020.3.18 / 五月人形制作

かわいい五月人形をつくっています。子供大将のお顔の生地抜きと髪の毛を結っています。

こんばんは!!

今日の岡崎は、とても天気が良く、あたたかい一日でした。桜の季節がやってきましたね。

工房では、今日も五月人形の子供大将のお顔をつくっています。順調です。

子供大将のお顔の生地抜きです。

桐の木の粉と糊を混ぜたものを練り、木のねんどを作り、子供大将のお顔の生地抜きをします。

すべて手作業ですので、一日がかりでもたくさん生地を抜くことはできませんし、きれいに生地抜きをするにはとても技術が必要です。

2週間ほど掛けしっかりと乾燥させてからお顔をつくりこんでいきます。

こちらはまた別の子供大将のお顔です。

上質な絹毛に糊を付けて植えました。いろいろな髪形があります。

子供大将の絹毛を結っているところです。

伝統工芸のお顔は、目、鼻、口などはそれぞれすべて手彫りです。そのため一つ一つの子供大将に個性があり、オンリーワンのお人形が出来上がります。

江戸時代からの伝統を大切にしている工房です。

店内では、五月人形、鯉のぼりも展示中です。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

登録タグ#

雛人形・五月人形・市松人形無料配達地域
(飾りつけもさせていただきます。)

お電話でご相談
0564-21-4543

10:00~19:00(無休)
5〜12月は、10:00~18:00(水曜定休)

メールでご相談

お人形に対するご質問や、ご注文方法など、
お気軽にお問合せください。

よくあるご質問

皆様から、よく頂戴するご質問を、
紹介いたします。

オーダー雛人形 木目込み雛人形 衣裳着雛人形 似顔お子様大将 五月人形 五月人形 鎧飾り 兜飾り ギャラリー お客様の声 人形師 映水 伝統工芸 店舗紹介(ショールーム) カタログ請求 三代目 映水BLOG