映水BLOG

2020.4.3 / 五月人形制作

昔ながらの伝統技術で子供大将のお顔をつくっています。

制作途中の子供大将のお顔です。江戸時代からの伝統技術を守っています。

 

こんばんは!!

今日も岡崎はいい天気でした。工房での子供大将制作も順調でした。

目、鼻、口を、固く練った胡粉で盛り上げ、小刀できれいに整え、さらに全体をよく確認して夕方には胡粉を塗り重ねました。

貝殻の粉を膠(にかわ)でといた胡粉を塗り重ねて作っています。白くきれいに仕上がってきました。といっても塗り仕事はまだ始まったばかりですので、これから胡粉をさらに塗り重ねていきます。

地塗り、中塗り、上塗りと塗り重ねてぬくもりあるお人形に仕上げていきます。

職人は、可愛いお顔になったらいいなと思いながら制作をしています。

明日は名古屋へ五月人形の配達に行ってきます。

店内では、五月人形、子供大将や鯉のぼりも展示しております。

関東の鎧兜から京都の名匠の鎧兜まで取り揃えております。

登録タグ#

雛人形・五月人形・市松人形無料配達地域
(飾りつけもさせていただきます。)

お電話でご相談
0564-21-4543

10:00~19:00(無休)
5〜12月は、10:00~18:00(水曜定休)

メールでご相談

お人形に対するご質問や、ご注文方法など、
お気軽にお問合せください。

よくあるご質問

皆様から、よく頂戴するご質問を、
紹介いたします。

オーダー雛人形 木目込み雛人形 衣裳着雛人形 似顔お子様大将 五月人形 五月人形 鎧飾り 兜飾り 似顔お子様 市松人形 桐塑市松人形 裸 市松人形 ギャラリー お客様の声 人形師 映水 伝統工芸 店舗紹介(ショールーム) カタログ請求 三代目 映水BLOG