映水BLOG

2013.5.20 / 人形制作

お人形を伝統の技術でつくる工房です。

今日も工房では、昔ながらの伝統技術で、桐塑頭の雛人形、桐塑市松人形、五月人形などを制作しています。

これは、生地抜きに使う生地です。

桐の木の粉と、しょうふ糊をまぜた物です。

木を彫り、原型を制作し、その原型から型をおこし、その型を使い生地抜きをしていきます。

製作中の桐塑市松人形(とうそいちまつにんぎょう)の頭(かしら)です。

生地抜きをして、完全に乾燥させてから制作に入りますので、この時点で2週間以上掛かっています。

一度にたくさん制作できるといいのですが、仕事が粗くなるので、無理のない数を制作しています。

いつも完成が楽しみですが、ボディーはもうなくなってしまいましたので、ボディーも制作しないと一つの人形にはなりませんので、頭(かしら)が完成したら次はボディーの制作もしようと思っています。

雛人形の頭(かしら)も制作も待っています。

店内では、こうして手づくりで制作したお人形を展示しております。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

登録タグ#

お電話でご相談
0564-21-4543

10:00~18:00 定休日:水
(1/2~5/5は10:00~19:00 無休)

メールでご相談

お人形に対するご質問や、ご注文方法など、
お気軽にお問合せください。

よくあるご質問

皆様から、よく頂戴するご質問を、
紹介いたします。

オーダー雛人形 手づくり雛人形 ギャラリー お客様の声 人形師 映水 伝統工芸 店舗紹介(ショールーム) カタログ請求 三代目 映水BLOG