映水BLOG

2019.9.22 / 雛人形制作

てづくりの昔ながらのひな人形制作です。 目 鼻 口 彫刻

こんばんは!!

最近、すっかり秋らしくなってきましたね。岡崎は、少し風がありました。全国的に台風の被害がないことを祈るばかりです。

これは、桐塑頭(とうそがしら)の雛人形のお顔です。

今、小刀で、目、鼻、口を彫刻しているところです。この工程までには、だいたい3週間ほど経っております。

生地抜きをし、乾燥させるまでに2週間ほど掛かり、地塗り、中塗りとそれぞれ胡粉を数回塗り重ねています。

その間にも、目を入れたり、鼻や口の形を作ったりと大切な作業がたくさんあります。

もちろんこの、目、鼻、口の彫刻は表情を決める重要な仕事です。

桐塑頭の雛人形は、目を入れてから「地塗り」「中塗り」を塗り重ねていきますので、目は隠れてしまいます。

その隠れた目を小刀で探し当てると同時に、目の表情も作っていきます。
修行の時代は、目がどこにあるのかだいたいの見当は付くものの、中心を一発で彫ることなんてぜんぜんできませんでした。
一ミリずれるだけでもう、やり直しはできない繊細な仕事ですからね。

小刀で目の中心を探すことはできるようになると、その先に表情の表現というまた難しい仕事となります。
それは今でもまだまだ難しい仕事だなぁと思っています。たぶん一生そのように感じるのだろうと思います。

次は最後の仕上げの「上塗り」を塗り重ねていきます。

店内では、桐塑頭の雛人形展示中です。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

登録タグ#

お電話でご相談
0564-21-4543

10:00~18:00 定休日:水
(1/2~5/5は10:00~19:00 無休)

メールでご相談

お人形に対するご質問や、ご注文方法など、
お気軽にお問合せください。

よくあるご質問

皆様から、よく頂戴するご質問を、
紹介いたします。

オーダー雛人形 手づくり雛人形 ギャラリー お客様の声 人形師 映水 伝統工芸 店舗紹介(ショールーム) カタログ請求 三代目 映水BLOG