映水BLOG

2019.10.30 / 雛人形制作

ひな人形のお顔を作っています。毛植えです。

こんばんは!!

今朝の岡崎は濃霧で真っ白でした。

昔ながらの雛人形制作です。こちらのお顔は、おぼこ雛人形ですので、幼い子供を表現しています。

最後の仕上げの塗り仕事をして、眉毛、まつ毛や髪の毛の生え際を筆と墨で描いた後に、お化粧をして、お顔を磨き上げます。

その後に髪の毛を植える溝を小刀で彫った後に絹毛を植えていきます。

絹毛は、糊を付けて植えていくのですが、植えている途中に糊が溝からはみ出したり、お顔についたりしないように丁寧に仕事を進めていきます。

初めは絹毛がバラバラになったりで全然できなかったのですが、今はもうきれいに植えられるようになりました。

絹毛を植えてから半日ほど経つと糊が乾きますので、髪の毛を結っていきます。この作業を結髪(けっぱつ)といい、京都などでは、この結髪のみを仕事とする結髪師という仕事があるほどに難しい仕事となっております。

きれいに結って、手作りの桐塑頭の雛人形は完成します。

登録タグ#

お電話でご相談
0564-21-4543

10:00~18:00 定休日:水
(1/2~5/5は10:00~19:00 無休)

メールでご相談

お人形に対するご質問や、ご注文方法など、
お気軽にお問合せください。

よくあるご質問

皆様から、よく頂戴するご質問を、
紹介いたします。

オーダー雛人形 手づくり雛人形 ギャラリー お客様の声 人形師 映水 伝統工芸 店舗紹介(ショールーム) カタログ請求 三代目 映水BLOG