映水BLOG

2019.11.22 / 雛人形

雛人形 京雛の飾りです。お顔は味岡映水 衣装は三宅玄祥です。

味岡映水作 ひな人形 桐塑胡粉仕上げ

こんばんは!!

こちらは、京雛のセットです。

お顔は、味岡映水、衣装は京都の二世 三宅玄祥の作品です。

衣装が古典的で、とても上質なシルクを使用しておりますので、お顔も合わせまして、古典的なイメージで制作をしました。

鼻筋や切れ長の目、すこし微笑んだ昔ながらの表現を大切にしました。

衣装は、麹塵(きくじん) 「桐竹鳳凰」柄 です。古典的な伝統色です。

室内で見える色と、太陽の下、屋外で見える色が違うため、平安時代から高貴さを表す色とされておりました。染めの方法としましては、地色を染めてからその上にもう一度別の色を染める「二度染め」の技法が使用されております。

お顔はもちろん、衣装のかたち、柄行き、鳳凰の刺繍がとても美しい親王飾りです。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

登録タグ#

お電話でご相談
0564-21-4543

10:00~18:00 定休日:水
(1/2~5/5は10:00~19:00 無休)

メールでご相談

お人形に対するご質問や、ご注文方法など、
お気軽にお問合せください。

よくあるご質問

皆様から、よく頂戴するご質問を、
紹介いたします。

オーダー雛人形 手づくり雛人形 ギャラリー お客様の声 人形師 映水 伝統工芸 店舗紹介(ショールーム) カタログ請求 三代目 映水BLOG