映水BLOG

2019.11.7 / 人形制作

小さな雛人形のお顔をつくっています。昔ながらの桐塑頭です。

こんばんは!!

今日の岡崎は、暖かい一日でした。木々の色も、少しずつ色づいてきましたね。紅葉を見に行くのが楽しみです。

これは、雛人形のお顔です。昔ながらの桐塑胡粉仕上げのお人形の制作は天気にとても左右されますので、毎日続けてできるとは限りません。

今は、まつ毛を描いているところです。まつ毛を描くときは、面相筆(めんそうふで)というとても細い筆を使います。

墨は硯でするわけですが、薄すぎてもまつ毛の印象がなくなってしまいますし、濃すぎても目立ちすぎてしまうので、丁度いい濃さにするのも難しいです。

一本一本描いていくのですが、太すぎても、長すぎても、短すぎてもいけないですし、一本一本の間隔が広すぎてもいけませんし、左右も合わせないといけません。ですのでとても難しい仕事の一つですし、最後の仕上げの上塗りをして仕上げたお肌ですので、失敗もできないとても緊張する仕事です。

今日も一日集中できて良かったです。

また明日も頑張ります。

店内では、桐塑頭のひな人形を中心に、破魔弓、羽子板なども展示しております。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

登録タグ#

雛人形・五月人形・市松人形無料配達地域
(飾りつけもさせていただきます。)

お電話でご相談
0564-21-4543

10:00~19:00(無休)
5〜12月は、10:00~18:00(水曜定休)

メールでご相談

お人形に対するご質問や、ご注文方法など、
お気軽にお問合せください。

よくあるご質問

皆様から、よく頂戴するご質問を、
紹介いたします。

オーダー雛人形 木目込み雛人形 衣裳着雛人形 似顔お子様大将 五月人形 五月人形 鎧飾り 兜飾り 似顔お子様 市松人形 桐塑市松人形 裸 市松人形 ギャラリー お客様の声 人形師 映水 伝統工芸 店舗紹介(ショールーム) カタログ請求 三代目 映水BLOG