味岡人形では、江戸時代よりの桐塑頭の技術を守り、職人が一つ一つ制作しております。

桐塑頭と石膏頭(本頭)の違い


桐塑頭は一つ一つ違い、ぬくもりがあります。
桐の粉や貝殻の粉などの天然素材を使用した、世界に一つの雛人形です。

江戸時代より続く伝統工芸「桐塑頭」で作る職人も、今では全国で9人程になりました。


「見て覚える」10年以上修行した職人しか表現できない表情

「桐塑頭」は細かなところまで手作りで表現しているため、口が奥まで開いており、歯と舌があります。また年月が経つと艶が出て味のある表情になってきます。頭の良し悪しが職人の腕に左右され、また、希少価値もあります。
「石膏頭」は流し込みで作られ、技術の必要な作業が省略されるため、口元が開いていません。近年では、コストを抑えるために海外でも多く作られています。同じ顔を大量につくることができるため、パンフレットで全国に販売することができます。


ショールームのご案内

江戸時代よりの伝統技術を
今に伝える数少ない工房です。

雛人形・五月人形・市松人形無料配達地域
(飾りつけもさせていただきます。)

お電話でご相談
0564-21-4543

10:00~19:00(無休)
5〜12月は、10:00~18:00(水曜定休)

メールでご相談

お人形に対するご質問や、ご注文方法など、
お気軽にお問合せください。

よくあるご質問

皆様から、よく頂戴するご質問を、
紹介いたします。

オーダー雛人形 木目込み雛人形 衣裳着雛人形 似顔お子様大将 五月人形 五月人形 鎧飾り 兜飾り 鯉のぼり 似顔お子様 市松人形 桐塑市松人形 裸 市松人形 木目込み人形・その他 ギャラリー お客様の声 人形師 映水 伝統工芸 店舗紹介(ショールーム) カタログ請求 三代目 映水BLOG