映水BLOG

2020.5.15 / 雛人形制作

雛人形のお顔をつくっています。小刀で目さらいをしています。

工房では、江戸時代からの伝統技術で雛人形のお顔をつくっています。

端午の節句が終わり、やっと本格的に人形制作が始まりました!!

今日は、市松人形のお顔制作もしましたが、途中までできあがっていた雛人形のお顔も仕上げようと思い、制作に取り掛かりました。

最後の仕上げの「上塗り」が終わった雛人形の頭(かしら)です。

江戸時代からの伝統工芸のひな人形のお顔は、胡粉(ごふん)を何度も何度も塗り重ねて仕上げていきますので、最後の仕上げの上塗りが終わったお顔は、ご覧のように目の上に胡粉が乗った状態になります。

その胡粉を小刀を使いきれいに彫り直します。

この仕事を「目さらい」といいます。

目の彫刻の仕事と比べるととても簡単な仕事ですが、きれいに彫るには修業が必要です。

もうすぐ、眉毛やまつ毛などの筆仕事に入ります。

味岡人形 映水ブログ

登録タグ#

雛人形・五月人形・市松人形無料配達地域
(飾りつけもさせていただきます。)

お電話でご相談
0564-21-4543

10:00~19:00(無休)
5〜12月は、10:00~18:00(水曜定休)

メールでご相談

お人形に対するご質問や、ご注文方法など、
お気軽にお問合せください。

よくあるご質問

皆様から、よく頂戴するご質問を、
紹介いたします。

オーダー雛人形 木目込み雛人形 衣裳着雛人形 似顔お子様大将 五月人形 五月人形 鎧飾り 兜飾り 鯉のぼり 似顔お子様 市松人形 桐塑市松人形 裸 市松人形 木目込み人形・その他 ギャラリー お客様の声 人形師 映水 伝統工芸 店舗紹介(ショールーム) カタログ請求 三代目 映水BLOG