映水BLOG

2020.9.21 / 人形制作

ひな人形の表情を彫刻で表現しています。伝統工芸のお顔です。

今日も雛人形のお顔の彫刻をしています。

ちいさくまるいお顔から、大人のお顔まで表現をしています。

ガラスの目はどこにあるのか全く見えない状態でお顔を彫刻していきます。

もちろん、初めは全く彫れませんでした。

目の位置は、彫るときに決まるわけではありません。

初めの目を入れる段階で決まります。そして、胡粉を塗り重ねていき、彫るときには隠れてしまうわけです。

ですので、初めの段階から手作業でありながら仕事が安定していることを求められます。

今では、隠れて見えない目がまるで見えているかのように彫ることができますが、それまでには数年を必要とします。

目はとても小さいので、0.5ミリでも大きく彫ればもう表情が変わってしまいますので、とても大切な仕事です。

現代の石膏頭が開発されたのも、この仕事がとても時間も技術も必要とするということが理由の一つでもあります。

今はもうとっくに忘れ去られてしまったような技術かもしれないけど、誰かがその大切さに気づいたときにはもう手遅れかもしれない。

そんなことにならないよう、伝統工芸の職人は今日も頑張っています。

味岡人形 映水ブログ 雛人形制作

登録タグ#

雛人形・五月人形・市松人形無料配達地域
(飾りつけもさせていただきます。)

お電話でご相談
0564-21-4543

10:00~19:00(無休)
5〜12月は、10:00~18:00(水曜定休)

メールでご相談

お人形に対するご質問や、ご注文方法など、
お気軽にお問合せください。

よくあるご質問

皆様から、よく頂戴するご質問を、
紹介いたします。

オーダー雛人形 木目込み雛人形 衣裳着雛人形 似顔お子様大将 五月人形 五月人形 鎧飾り 兜飾り 鯉のぼり 似顔お子様 市松人形 桐塑市松人形 裸 市松人形 木目込み人形・その他 ギャラリー お客様の声 人形師 映水 伝統工芸 店舗紹介(ショールーム) カタログ請求 三代目 映水BLOG