映水BLOG

2021.4.12 / 五月人形制作

五月人形の大将のお顔をつくっています。伝統的工芸品のお顔です。

毎日暖かくなり、伝統の桐塑頭(とうそがしら)も作りやすい季節となりました。

天然素材の膠(にかわ)は、気温が低い日には非常に扱いづらくなるため、あたたかい日が最適です。

これは、大将のお顔の生地です。生地抜きをして乾燥させ、全体の形を整えましたので、ガラスの目を入れるところです。

現代の雛人形や五月人形などのお顔は、シリコンの型を使用する石膏頭(せっこうがしら)が主流となり、安定したお顔を一度にたくさん制作することができるようになっておりますが、伝統の桐塑頭は、天然の素材を使用し一つ一つ手作りで表現していきますので、あたたかく、特別なお顔に仕上がります。

伝統のお顔は、名古屋節句飾(なごやせっくかざり)として経済産業大臣に指定された伝統的工芸品に使用されるお顔となっております。

職人が江戸時代から伝わる技術を守る工房です。

味岡人形 映水ブログ 五月人形制作

登録タグ#

雛人形・五月人形・市松人形無料配達地域
(飾りつけもさせていただきます。)

お電話でご相談
0564-21-4543

10:00~19:00(無休)
5〜12月は、10:00~18:00(水曜定休)

メールでご相談

お人形に対するご質問や、ご注文方法など、
お気軽にお問合せください。

よくあるご質問

皆様から、よく頂戴するご質問を、
紹介いたします。

オーダー雛人形 木目込み雛人形 衣裳着雛人形 似顔お子様大将 五月人形 五月人形 鎧飾り 兜飾り 鯉のぼり 似顔お子様 市松人形 桐塑市松人形 裸 市松人形 木目込み人形・その他 ギャラリー お客様の声 人形師 映水 伝統工芸 店舗紹介(ショールーム) カタログ請求 三代目 映水BLOG