映水BLOG

2020.5.22 / 人形制作

伝統工芸の雛人形のお顔です。職人が細かなところも表現しています。

最近の岡崎は、とても過ごしやすい日が続いています。工房での雛人形制作も順調です。

雛人形のお姫様やお殿様、官女のお顔です。

今日はお化粧をしたり、歯や舌なども表現しました。

これは、雛人形の舌です。

つまようじと比べるととても小さいですね。

伝統の桐塑頭(とうそがしら)は、現代の石膏頭(せっこうがしら)とは材料や工程も違いますが、細かなところも表現できるというところも違います。

一つ一つに職人の想いが表現されているのです。

こちらは、胡粉と膠(にかわ)を混ぜて練った胡粉です。こちらを細い筆で取り、歯も表現していくのです。

歯と舌を表現し、筆と墨でおはぐろにしました。

お姫様もお殿様もこのように細かなところもきちんと表現して仕上げています。

こちらの表現は、お客様のお好みで口を閉じているように制作することもできます。

次は、絹毛を植えていきます。

江戸時代からの伝統の技術を大切にしています。

味岡人形 映水ブログ

登録タグ#

雛人形・五月人形・市松人形無料配達地域
(飾りつけもさせていただきます。)

お電話でご相談
0564-21-4543

10:00~19:00(無休)
5〜12月は、10:00~18:00(水曜定休)

メールでご相談

お人形に対するご質問や、ご注文方法など、
お気軽にお問合せください。

よくあるご質問

皆様から、よく頂戴するご質問を、
紹介いたします。

オーダー雛人形 木目込み雛人形 衣裳着雛人形 似顔お子様大将 五月人形 五月人形 鎧飾り 兜飾り 鯉のぼり 似顔お子様 市松人形 桐塑市松人形 裸 市松人形 木目込み人形・その他 ギャラリー お客様の声 人形師 映水 伝統工芸 店舗紹介(ショールーム) カタログ請求 三代目 映水BLOG