映水BLOG

2020.9.19 / 人形制作

雛人形の頭の彫刻をしています。伝統工芸のお顔

だいぶ秋らしくなってきましたね。

今日は、伝統工芸の雛人形のお顔の彫刻をしました。

伝統のお顔は、生地の状態で目を入れ、地塗り、中塗りと胡粉を塗り重ねておりますので、中塗りが終わった状態では、まだお顔は作られておりません。

小刀で、目、鼻、口を彫刻していきます。こちらは、下書きなしですので、失敗のできない仕事です。お顔を決める大切な仕事で、職人の性格やセンスが一番出る工程です。

現代の主流の石膏頭(せっこうがしら)はシリコンの型を使用しておりますので、桐塑頭の工程でいうと、この状態までできあがっていることとなります。

石膏頭は、筆仕事などはありますが、職人のセンスや腕に左右されることなく安定した良いお顔をつくることができます。

伝統の桐塑頭のお顔は、制作時間も掛かりますし、センスも必要としますが、それだけあたたかな質感と一つ一つの表情も特別なお顔ができあがります。

そのため職人は、伝統の技術でとてもたくさんの時間を掛けて一つのお顔をつくっています。

味岡人形 映水ブログ 雛人形

登録タグ#

雛人形・五月人形・市松人形無料配達地域
(飾りつけもさせていただきます。)

お電話でご相談
0564-21-4543

10:00~19:00(無休)
5〜12月は、10:00~18:00(水曜定休)

メールでご相談

お人形に対するご質問や、ご注文方法など、
お気軽にお問合せください。

よくあるご質問

皆様から、よく頂戴するご質問を、
紹介いたします。

オーダー雛人形 木目込み雛人形 衣裳着雛人形 似顔お子様大将 五月人形 五月人形 鎧飾り 兜飾り 鯉のぼり 似顔お子様 市松人形 桐塑市松人形 裸 市松人形 木目込み人形・その他 ギャラリー お客様の声 人形師 映水 伝統工芸 店舗紹介(ショールーム) カタログ請求 三代目 映水BLOG