映水BLOG

2020.4.21 / 五月人形制作

かわいい五月人形をつくっています。伝統のお顔です。

工房では、今日も五月人形の子供大将のお顔をつくっています。

子供大将のお顔を昔ながらの手作りで制作する工房も日本ではもう少ないと思います。

江戸時代の職人さんと同じ材料の桐の木の粉や貝殻の粉を使用しています。

そして、湿気の少ない晴れた日には、はけで胡粉を塗り重ねます。

昨日も塗り重ねましたが、今日も塗り重ねました。胡粉に混ぜる膠(動物の脊髄から採れるゼラチン)は温度により硬くなったり柔らかくなったりとても変化します。今日のように肌寒い日には、塗り仕事も少し難しくなります。

でもきれいに塗り重ねて仕上げていきます。

まだまだ表面はでこぼこですので、きれいにしながら塗り重ねて、また塗り重ねて、毎日少しずつ進み一カ月ほどでお顔は完成します。

伝統を守っています。

味岡人形 映水ブログ

登録タグ#

雛人形・五月人形・市松人形無料配達地域
(飾りつけもさせていただきます。)

お電話でご相談
0564-21-4543

10:00~19:00(無休)
5〜12月は、10:00~18:00(水曜定休)

メールでご相談

お人形に対するご質問や、ご注文方法など、
お気軽にお問合せください。

よくあるご質問

皆様から、よく頂戴するご質問を、
紹介いたします。

オーダー雛人形 木目込み雛人形 衣裳着雛人形 似顔お子様大将 五月人形 五月人形 鎧飾り 兜飾り 鯉のぼり 似顔お子様 市松人形 桐塑市松人形 裸 市松人形 木目込み人形・その他 ギャラリー お客様の声 人形師 映水 伝統工芸 店舗紹介(ショールーム) カタログ請求 三代目 映水BLOG