映水BLOG

2021.11.11 / 人形制作

雛人形のお顔に胡粉を塗り重ねました。江戸時代からの手づくりのお顔です。

工房では、昔ながらの伝統工芸の桐塑頭(とうそがしら)の雛人形のお顔をつくっています。

江戸時代から続く全国的にも珍しい雛人形のお顔ができあがるまでには、胡粉を10数回塗り重ねて丁寧に仕上げていきます。

初めの塗り仕事に使用する地塗り胡粉は、貝殻の粉と膠(にかわ)を混ぜ合わせて練ります。

左が貝殻の粉です。

右が膠です。膠は、水に浸した後に煮て貝殻の粉と混ぜ合わせます。

貝殻の粉と膠を混ぜ合わせ、地塗り胡粉を練りました。

分量は、その日の気温で微妙に異なってきますので、職人の経験で決めています。

長年の経験で得た感覚が大切になってきます。

雛人形のお顔に地塗り胡粉を塗り重ねました。

きれいに塗り重ねることはとても技術を必要とします。

完全に乾いたら、また胡粉を塗り重ねていきます。

味岡人形 映水ブログ 雛人形制作

登録タグ#

雛人形・五月人形・市松人形無料配達地域
(飾りつけもさせていただきます。)

お電話でご相談
0564-21-4543

10:00~19:00(無休)
5〜12月は、10:00~18:00(水曜定休)

メールでご相談

お人形に対するご質問や、ご注文方法など、
お気軽にお問合せください。

よくあるご質問

皆様から、よく頂戴するご質問を、
紹介いたします。

オーダー雛人形 木目込み雛人形 衣裳着雛人形 似顔お子様大将 五月人形 五月人形 鎧飾り 兜飾り 鯉のぼり 似顔お子様 市松人形 桐塑市松人形 裸 市松人形 木目込み人形・その他 ギャラリー お客様の声 人形師 映水 伝統工芸 店舗紹介(ショールーム) カタログ請求 三代目 映水BLOG