映水BLOG

2020.5.2 / コラム

雛人形の種類を写真と一緒に解説!お顔と着物のつくりから飾りまで。

女の子の健やかな成長を願いお祝いをするひなまつり。素敵な雛人形と一緒に桃の節句を迎えたいですね。

でも雛人形には、どんな種類があるのかわからないという方もいらっしゃると思います。

こちらでは、雛人形の「お顔と衣装のつくりの種類」と「飾り方の種類」また、「雛人形と一緒に飾られるもの」について写真と一緒に説明をしています。

雛人形のお顔のつくりの種類

雛人形のお顔には大きく分けて、江戸時代からの伝統技術で作られる「桐塑頭(とうそがしら)」と現代の技術で作られる「石膏頭(せっこうがしら)」の2種類があります。

  • ・桐塑頭  伝統工芸

桐の木の粉や胡粉、膠(にかわ)などの天然素材を使用した江戸時代からの伝統工芸のお顔です。職人が胡粉を「地塗り」「中塗り」「上塗り」とそれぞれ何度も塗り重ねてできあがります。さらに目、鼻、口などの彫刻も必要とするため非常に手間がかかり、熟練の職人が一カ月ほど掛けできあがります。100年以上大切にすることができ、味わいが出てくるのも特徴の一つです。現在、桐塑頭で雛人形をつくる職人も日本で数人となっています。

『桐塑頭』について理解を深めたい方は「伝統工芸 桐塑頭」を参考にしてください。

  • 石膏頭  現代のお顔

シリコンの型に石膏を流し込み、現代の技術でつくられるお顔です。仕上げの塗り仕事、眉毛、まつ毛、生え際を書く作業、お化粧、結髪(けっぱつ)などの作業は必要ですが、原型の通りにできあがります。この技術が確立されたことにより、良いお顔が短期間で早く正確にたくさん制作できるようになりました。現在、日本の雛人形のほとんどがこの石膏製となっており、その多くが海外で制作されるようになりました。

雛人形の衣装のつくりの種類

  • ・衣装着人形(いしょうぎにんぎょう)

衣装着人形とは、木胴やワラ胴などに着物を着せつけてつくる人形のことです。
衣装を着せ付けて作られるため、リアルで立体的な印象です。豪華な雛人形がお好きな方におすすめです。

  • ・木目込み人形(きめこみにんぎょう)

木目込み人形とは、桐塑の材料に彫られた溝に糊を入れ、ヘラで衣装の布を木目込んで作る人形のことです。
胴体に直接生地を合わせて作られるため、形がきれいに表現されます。
衣装着人形と比べると小さなお人形が多いため、コンパクトに飾りたいという方におすすめです。

雛人形の飾り方の種類

雛人形には、大きな七段飾りからコンパクトな収納式まで様々なタイプの飾り方があります。こちらでご紹介のお人形の種類は、「衣装着人形」「木目込み人形」のどちらのタイプもございます。

  • ・七段飾り

親王、官女、五人囃子、随身、仕丁の15人が揃っており、別名「十五人飾り」とも呼ばれます。
赤いもうせんで飾られる場合が一般的ですが、木製のタイプもあります。
こちらの雛人形を飾るためには、広いスペースを必要としますが、その分お人形やお道具もたくさんあり雛人形の中でも最も豪華な飾りとなっております。

  • ・三段飾り

三段飾りとは、赤いもうせんや木製の三段に親王、官女がセットになった雛人形で、別名「五人飾り」ともいいます。通常、御駕籠(おかご)、重箱(じゅうばこ)、御所車(ごしょぐるま)も付いており、とても豪華な飾りです。
「七段飾りは大きすぎるけど、豪華に飾りたい!」という方におすすめです。

  • ・親王飾り

お殿様とお姫様のみの飾りです。桜橘、紅白梅、雪洞(ぼんぼり)などのお道具も付けることができ、大きなものからコンパクトなものまであります。三段飾りよりもお道具も少なく比較的簡単に飾ることができるセットとなっております。

  • ・立雛飾り

立雛は、その名の通り立ち姿の雛人形のことです。
お姫様とお殿様、台と屏風のシンプルな飾り方が定番となっています。
お道具なども少ないため、簡単に飾ることができます。スタイリッシュに飾りたいという方におすすめのセットです。

  • ・収納飾り

収納飾りとは、飾り台にお人形やお道具などが収納できる雛人形です。
お姫様とお殿様のセット以外にも、官女も収納できるタイプもあります。
飾り台もセットとなっておりますので、床に赤いもうせんを敷き、そのまま飾っても高さが出るように設計されています。
マンションやアパートにお住まいで、なかなか雛人形を置くスペースがないという方にもおすすめのセットとなっています。

  • ・ケース飾り

雛人形やお道具がケースの中に収められている雛人形です。お姫様とお殿様だけでなく、15人揃いのケース飾りなどもあります。
ケースに収納されているため、設置がスムーズにおこなえるだけでなく、掃除や手入れが簡単なことも特徴です。ケースにはアクリル製とガラス製のものがあります。

雛人形と一緒に飾られるもの

  • ・つるし飾り

縮緬などの布で作られた細工物をつなげてつるしたもので、現代では雛人形に添えて飾られる場合も多くなりました。うさぎ、鶴、亀、海老、三番叟、春駒、這い子、犬張子などがつるされており、お子様の健やかな成長を願い、それぞれに意味が込められています。つるし飾りは、一年中飾ることもでき、お部屋のインテリアとしてもお使いいただけます。

  • ・市松人形

おかっぱ頭のかわいいお顔に着物を着た日本古来のお人形です。近年では、おかっぱ頭以外のかわいい髪形も登場しています。着せ替えやお座りができる市松人形もあり、お子様のお顔に似せて作るオーダーメイドの市松人形は、着物や帯も生地から選ぶことができます。

オーダーメイド市松人形のことを詳しく知りたい方は「オーダーメイド 似顔市松人形」をご覧ください。

  • ・ケース人形

子供のかわいらしさを表現したお人形です。遊ぶ姿や、きれいな衣装を着たお人形など、たくさんの種類があります。

  • ・名前旗

お子様のお名前と生年月日が入れられる名前旗は、雛人形と一緒に飾られます。名前旗の色や、かわいい桜や鞠のデザイン、お名前や生年月日の文字の色もたくさんの種類から選べるようになっています。

まとめ

  • ・雛人形のお顔のつくりの種類

雛人形のお顔には、大きく分けて、江戸時代から作られる「桐塑頭」と現代の技術で作られる「石膏頭」の2種類がある。

桐塑頭は天然素材を使用し職人が一カ月ほど掛け制作をしている。胡粉仕上げのお顔にはぬくもりがあり、表情豊かな世界に一つの雛人形ができあがる。現在、桐塑頭の職人は日本に数人となっている。

石膏頭はシリコンの型に石膏を流し込んで制作することにより、良いお顔が早く正確にたくさんできあがる。現在、日本の雛人形のほとんどがこの「石膏頭」で作られており、その多くは海外で制作されている。

  • ・雛人形の衣装のつくりの種類

雛人形の衣装のつくりには、大きく分けて「衣装着人形」と「木目込み人形」の2種類がある。

  • ・雛人形の飾り方の種類

雛人形の飾り方の種類には、大きく分けて「七段飾り」「三段飾り」「親王飾り」「立雛飾り」「収納飾り」「ケース飾り」があり、それぞれの場所に合わせ、最適なものを選ぶことができる。

  • ・雛人形と一緒に飾られるもの

雛人形と一緒に飾るものには、「つるし飾り」「市松人形」「ケース人形」「名前旗」がなどがあり、雛人形と一緒に飾ることによりとても華やかになる。

 

雛人形は、全体の雰囲気で選ばれる方も多いと思います。お顔、衣装、飾り方やお道具などもそれぞれ組み合わせ、最適なセットをお選びいただくこともできます。

当工房は、江戸時代からの伝統技術を守り、桐塑頭の雛人形、市松人形、五月人形を制作しています。

桐塑頭の雛人形を全国一の品揃えで、皆様のご来店、お問い合わせを心よりお待ちしております。

登録タグ#

雛人形・五月人形・市松人形無料配達地域
(飾りつけもさせていただきます。)

お電話でご相談
0564-21-4543

10:00~19:00(無休)
5〜12月は、10:00~18:00(水曜定休)

メールでご相談

お人形に対するご質問や、ご注文方法など、
お気軽にお問合せください。

よくあるご質問

皆様から、よく頂戴するご質問を、
紹介いたします。

オーダー雛人形 木目込み雛人形 衣裳着雛人形 似顔お子様大将 五月人形 五月人形 鎧飾り 兜飾り 鯉のぼり 似顔お子様 市松人形 桐塑市松人形 裸 市松人形 木目込み人形・その他 ギャラリー お客様の声 人形師 映水 伝統工芸 店舗紹介(ショールーム) カタログ請求 三代目 映水BLOG